サザンファンが集まる店 はっぴいえんど

サザンファンが集まる店 はっぴいえんど:東京駒込のカラオケ&ライブバー

パンパパンていつから( (*´∀`ノノ”888

      りえにっき  

名古屋からはっぴいえんどだけのためにわざわざ来てくれる人がいる。

お誕生日を過ごす場所としてはっぴいえんどを選んでくれる人がいる。

そんな店になれて良かった。

ほんとにうれしいです。

ありがとうございます。

コロナがうわっと襲って来て、遠方の方にはなかなか会えなくなって。。。

でも、「きっとまたいつか会える!」と信じてこれまで踏ん張ってきました。

これからもずっとそうです。

 

共通点は「サザンファン」。

それだけで、ずっと会えていなかった時間なんて吹っ飛んですぐ楽しくなれるのです♪

きのうは、

『ホリデイ〜スリラー「魔の休日」より』ってなんでライブで歌ってくれないんだろ?談義。

それを言うなら『恋のジャック・ナイフ』もだよね!談義。

LOVE AFFAIR〜秘密のデート』のパンパパンの手拍子っていつから始まったん?談義。

まぁ、パンパパンについては、する派しない派自由だと思うので、論争するつもりはないんだけれど、ちなみにわたしは「しない派」ですw

 

そんなこんなで1999年の『Se 0 no Luja na Quites(セオーノ・ルーハ・ナ・キテス) ~素敵な春の逢瀬~』のライブ映像を観てみると、LOVE AFFAIR〜秘密のデート』の名曲っぷりを改めて感じました。

当時は桑田さんがアコギを奏でながら、スピードもCD通り、観客の皆さんもうっとり、ときには涙しながら聴いていた感じ。

許されぬ恋・・・オトナの恋・・・

の世界観を妄想して、わたしも涙していたクチʬ ʬ ʬ

主題歌だったTBSドラマ「スウィートシーズン」もめちゃくちゃ良かったしなぁ(♡>ω<♡)

時を経て、ライブでは盛り上がりコーナーの定番曲となり、速さは1.2倍くらい(なのかな?)に進化。

あくまでも、どっちがいいか?の話ではなく、今と昔、比べてみるのも楽しいね♪って話です。

パンパパンの起点はすごく気になるけど(そこw

 

しれっと置いてお伝えするのを忘れてました。

きのうお買い上げいただいて思い出しました₩ ₩ ₩

6周年記念の動画配信の購入特典だったボールペン。

単体で店頭販売しております♪

(作り過ぎたฟฟฟ

既にお使いいただいてる方からは、抜群の書き味で大好評(   )

ご来店の記念に、お土産に、ぜひぜひ!

      りえにっき  

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パンパパンていつから( (*´∀`ノノ”888 東京駒込のカラオケ&ライブバー

Copyright©サザンファンが集まる店 はっぴいえんど,2021 All Rights Reserved.

ページ先頭へ